寄玉昌宏君がCESUN2018で伝統工芸復興方法論を研究発表

2018年6月21日、2016年修了の寄玉昌宏君が、エンジニアリングシステムズの国際学会にて、高砂染を事例に、消滅した伝統工芸の復興について、システムズエンジニアリングの視点からの方法論を研究した結果について発表を行いました。

Proposal of a Methodology for Redesigning Concept for Lost Traditional Craft Industries, Masahiro Yoritama, Tetsuya Toma

http://www.cesun2018.org/