ラボメンバー紹介

米田 巖根 / Iwane MAIDA (D)
個人HP

研究テーマ  : 「視覚的な遅延を伴った知覚運動協応・知覚運動学習」

キーワード  : 視覚的な遅延,知覚運動協応,Fittsの法則,遠隔手術,医療格差の縮小,
教育評価,医学教育,サービス科学,社会システムデザイン

研究フィールド:  遠隔手術、医学教育
専門領域   : 認知科学、教育工学、システムデザイン

研究紹介      :
心理物理学的手法を用いて視覚的な遅延を伴う知覚運動協応についての
研究をしています。研究フィールドは遠隔医療です。
また、所属研究室を通じた同医学部との共同研究においては、
3D手技教材に関する教育効果の測定を担当しました。
将来的には、教育工学と繋げて、遠隔における高等教育のシステムデザインを考えています!!

(写真:右)

ozawa, maida

 

 

瀧塚 博志 / Hiroshi TAKIZUKA (D)

研究テーマ : 「超高速民生向けデータ伝送の市場創出のためのGI型POFの簡単接続方法に関する研究」

10696380_773568232689678_5755501255622903691_n

 

 

田中 秀和 / Hidekazu TANAKA

研究テーマ :遠隔医療の発展に向けた画像処理方法の研究

顔

 

 

 

 

尾澤 知典 / Tomonori OZAWA (研究員)

研究テーマ : 「思考ツールの教育的効果」「アクティブラーニングのあり方」「国際バカロレアの研究」

「コミュニティースクールの活性化」「学校を中心とした地域活性化」。

公立の学校を研究対象として、そのステイクホルダーが満足するための方法を探っています。

ozawa2

 

寄玉 昌宏 / Masahiro YORITAMA (研究員)

研究テーマ : 企業と地域の食産業の価値協創プラットフォームのデザイン

IMG_4533-225x300

 

竹田 七奈子 / Nanako TAKEDA (研究員)

研究テーマ : (在学中)病院を退院した高齢者の在宅生活を支えるための介護システムの構築
(現在)高齢化が進む現代社会の最重要課題として、理想的な医療・介護サービスの仕組みについて

当研究室においては、様々な知見を持った方々が集まり、多岐にわたる分野の研究に触れる事ができます。
その上、研究成果を上げるために熱心な指導を指導教員より受けることができます。

takeda